ある日の朝
大好きな黒豆の花を知った…


小さくて
ひっそりと
誰にも
知られることなく
咲いている…
黒豆の花


ある日の朝
ぴんと張り詰めた
空気の中
特別な時間を
そっと
そっと
迎えた…


この場所の
空気に触れ
一年が経った…


新しい場所
新しい発見
くすぐったい風
アンバランスな空間…


そして
また
いつものように
何のけなしに
新しい物語を
繋げていく……


夜のカーテンがおりて
菓子づくりが始まる…


カシャカシャ
シャカシャカ
クルクルと
小気味よくまわす


今日もオーブンから届く
甘い匂いに包まれて
明日を見つめる時間が
はじまる…


いつも目に見えない何かを
探している


まあるい
コクみたいなものを
探している…



迷った道………


これまで
何色にも染まらず
来たけれど


古めかしいものが
年月を重ね
風合いを増すように
サビサビの色
そっと
重ねていきたい…


そして
いつか
この道を選んで良かったと
手のしわを
ながめながら
小さく
小さく
つぶやく日が
きっと来る


そんな気がする…


雨降りの朝


雨のしずくが
ポンっとはじけて
またあたって
ポンっと弾けるように
CAFE M物語が
そっと
繋がっていく…






Comment





   

Profile

Link

Selected Entry

Search

Archive