小さな小さな種…

その種が皮を破って
小さな芽を出したとしても
地上からはなかなか分からない…

小さな根っこがヒョコ
小さな芽がヒョコ

その芽が重い土を揺すり上げて
地上に頭をヒョッコリ覗かせたとき
やっと芽がでたと言える。。。


きっと…
土の中でもずいぶん前から
芽は出ているだろう

けれど…
ガンバッテ ガンバッテ。。。
もがいてもがいて。。。

地上に顔を出すまでには
かなりの時を経る…



冷えきった夜も
澄みきった夜空に
星が冴え冴えと輝く夜も
降り積もる雪の下でも

春を隣に感じながら

じっくりとじっくりと
自分の居場所をあたためて
ゆっくりとゆっくりと
自分のありかを示しているかのよう…



私のかけらも
春の陽射しを待ちわびる
そんな小さな小さな芽のように
力強くゆっくりと
芽を出したい。。。

今は春への支度中。。。






Comment





   

Profile

Link

Selected Entry

Search

Archive